Kazakh and Japan Go ‘Aggressive’ for Entry into Force of Nuclear Test-Ban Treaty - Korean

카자흐스탄일본,핵실험금지조약발효를향하여「공격적」으로

【유엔IDN=파비오라・올티스】

유엔이창립100주년을맞이하여「2045년까지 핵무기없는 세계를 실현

한다는 목표를 달성하기위하여 보다과감하게 시행해야한다」라고 중앙아시아의 카자흐스탄공화국의 엘란이드리소프 외무상이 선언하였다.

Saudi Nuclear Blustering Remains Hollow – for Now - JAPANESE

|サウジアラビア|核武装という虚勢を張るも現時点では空疎な響きに留まる

 【カイロIDN=エマド・ミケイ】

米国・イラン核合意が7月に発表された際に、サウジアラビアの国営メディアが報じたイメージは、「西側諸国が新しい強力な隣の敵国に屈した」というものだった。通常はあまりものを言わないサウジアラビアの政府高官らは合意に対していつもの融和的なコメントに終始したが、国内のソーシャルメディアや学界、国営報道機関は揃って政府とは異なる見方を示していた。それは、サウジアラビアの深い懸念を代弁したものであり、石油資源豊かな同国がその富を使って核武装化するかもしれない、という言明もそこには含まれていた。

International Partnership Updates on Nuclear Disarmament Verification - Japanese

核軍縮の検証に関する国際パートナーシップの最新状況

【ニューヨークIDN=ファビオラ・オルティス】

核戦力の検証と、核物質およびその他の軍事活動の検証は、核兵器なき世界の達成に向けた前提条件になる、と専門家らはIDNの取材に対して語った。彼らは、ニューヨークの国連本部で開かれた「核軍縮検証国際パートナーシップ」(IPNDV)に関する最新状況の説明会に参加していた。

UN Plans New Working Groups Aimed at Nuclear Disarmament - Japanese

|国連|核軍縮のための新たなオープン参加国作業グループの設置を計画

【国連IPS=タリフ・ディーン】

世界の二大核兵器国である米国とロシア間の軍事衝突の可能性が現実味を帯びる中で、国連はこれまで不可能とみられてきた目標、つまり核軍縮に向けて重要な一歩を踏み出した。

国連総会(193か国が加盟)は国連総会第一委員会(軍縮・安全保障)を通じて、核軍縮実現のための効果的な法的措置について検討を行うオープン参加国作業グループを設置する見込みである。

Japan and Kazakh to Facilitate Entry into Force of Nuclear Test-Ban Treaty - Chinese

日本和哈萨克斯坦将促进执行禁止核试验条约

【IDN于联合国=By Kanya D’Almeida】

9月29日在纽约联合国总部举行的大型国际会议之后,压力便落在了八个曾签署全面禁止核试验条约(CTBT)的国家头上。这八国分别是中国、韩国、埃及、印度、伊朗、以色列、巴基斯坦、以及美国。它们对条约的支持将显得至关重要。

EU Gives Additional Funds to Promote Entry into Force of Nuclear Test Ban Treaty - Japanese

核実験禁止条約早期発効へ、欧州連合が資金追加

 【ベルリンIDN=ジャヤ・ラマチャンドラン、2015年10月19日】

核実験禁止条約の早期発効を視野に入れて、欧州連合(EU)が、包括的核実験禁止条約機構(CTBTO)準備委員会への追加支援300万ユーロ(390万ドル)を決めた。これで、EUによる自発的な財政支援は、2006年以来、約1900万ユーロ(2150万ドル)となった。

U.S. 100th Member State to Join Nuke Terrorism Treaty - Japanese

米国が核テロ防止条約100か国目の加盟国に

 【国連IPS=タリフ・ディーン】

1997年公開の映画「ピースメーカー」(一部が国連本部の外で撮影された)は、ロシアの片田舎で発生した列車事故で行方不明になったリュックサックに入る大きさの小型核弾頭を入手した旧ユーゴスラビア出身のテロリストが、それを国連本部の外で爆発させるべくニューヨークに持ち込むというストーリーを描いた作品である。

これはハリウッドお得意の作り話だろうか? それとも現実に起こり得る大惨事とみるべきだろうか?

Nuke Disarmament Groups Ask Obama and Putin to ‘Reduce Nuclear Risks’ - Japanese

核軍縮団体が米ロ首脳に「核兵器が使用されるリスクを軽減する」よう求める

 【ベルリンIDN=ラメシュ・ジャウラ】

主な核軍縮団体が、9月下旬に英国への領空侵犯を阻止されたロシアのツポレフTu-160超音速戦略爆撃機が同国を攻撃し第三次世界大戦を引き起こす意図があったのではないかとする憶測を呼んでいることについて、重大な懸念を示すとともに、ロシアのウラジミール・プーチン大統領と米国のバラク・オバマ大統領に対して、「核リスクを直ちに軽減することで合意する」よう強く求めた。

Kazakh and Japan Go ‘Aggressive’ for Entry into Force of Nuclear Test-Ban Treaty - Japanese

カザフスタン・日本、核実験禁止条約発効に向け「攻勢」へ

【国連IDN=ファビオラ・オルティス、2015年9月30日】

国連が創立100年を迎える「2045年までに核兵器なき世界を実現するという目標を達成すべく、より果敢に取り組んでいきたい。」と中央アジアのカザフスタン共和国のエルラン・イドリソフ外相が宣言した。

Japan and Kazakh to Facilitate Entry into Force of Nuclear Test-Ban Treaty - Japanese

日本・カザフ両政府が核実験禁止条約発効促進へ

【国連IDN=カニャ・ダルメイダ】

ニューヨークの国連本部で開催される第9回包括的核実験禁止条約(CTBT)発効促進会議を前にして、CTBTの発効に向けてその支持を必要とする8か国(中国、朝鮮民主主義人民共和国、エジプト、インド、イラン、イスラエル、パキスタン、米国)への圧力が強まっている。