Nuke Test Ban Treaty Still in Limbo, U.N. Complains - Japanese

「核実験禁止条約の将来いまだ見通せず」と国連が指摘

【国連IPS=タリフ・ディーン】

1996年に国連総会で採択された包括的核実験禁止条約(CTBT)は、ひとつの大きな理由によって、いまだに発効していない。それは、既に183カ国が署名し、164カ国が批准しているにも関わらず、発効要件国(44か国)のうち、依然として主要な8か国が、条約への署名、あるいは批准を拒否しているためである。

‘Generation of Change’ Pleads for Walking the Nuclear Abolition Talk - Korean

[변혁의세대]가 핵병기 폐기의 실행을 선언하다.

【히로시마IPS=로널드 죠슈아】

새로운[변혁의 세대]가[지구상의 모든인류에게 비참한 죽음의 위협을 들이대고있다] 16,000발~7,000발의 핵무기를 세계에서 없애기로 간절한 찬동을 호소함과함께(히로시마,나가사끼의 원폭투하로부터)70년간에 걸친 핵폐기의 약속을 실행하기로 선언,존재감을 나타냈다.

‘Generation of Change’ Pleads for Walking the Nuclear Abolition Talk - Chinese

“变革的一代”对兑现废核承诺的诉求

【广岛IDN=罗纳德·约书亚】

新的“变革的一代”为70年来一直未兑现的承诺发起了运动。呼吁将世界从16000到17000枚核武器“对每个人残酷和非人道杀戮”的持续威胁中解放出来。

Opinion: Campaign to End Nuclear Tests - Kazakhstan Launches ATOM E - Japanese

核実験禁止へのとりくみ:カザフスタンが「アトムE」を開始(カイラト・アブドラフマノフ・カザフスタン国連大使)

【国連IPS=カイラト・アブドラフマノフ】

致命的な兵器の禁止を訴えた1946年の国連総会決議があったにも関わらず、カザフスタンが独立した年の1991年8月29日に当時世界第2位の規模であったセミパラチンスク核実験場を閉鎖するまで、核兵器の保有は科学の発展あるいは軍事力の象徴であり続けた。

Opinion: Nuclear States Do Not Comply with the Non-Proliferation Treaty - Japanese

|視点|核兵器国は核不拡散条約に従っていない(ファルハン・ジャハンプール・ハーバード大学元上級研究員)

 【オックスフォードIPS=ファルハン・ジャハンプール】

核不拡散条約(NPT)第6条は、非核保有国が核兵器取得を禁じられていることへの見返りの一環として、核保有国に核軍縮を義務づけている。NPTのこの条項とは別に、その義務を補強しているその他多くの決定が存在する。

Opinion: Can Nuclear War be Avoided? - Japanese

|視点|核戦争は避けられるか?(ギュンナー・ウェストベル元核戦争防止国際医師会議共同議長)

 【イエテボリ(スウェーデン)IPS=ギュンナー・ウェストベル】

核兵器廃絶に関するキャンベラ委員会」には、かつて、英国の陸軍元帥や米国の元国防長官や将軍、フランスの元首相といった元政治家や軍人が委員として名を連ねていた。

‘Generation of Change’ Pleads for Walking the Nuclear Abolition Talk - Japanese

「変革の世代」が、核兵器廃絶の実行を誓う

【広島IPS=ロナルド・ジョシュア】

新しい「変革の世代」が、「地球上の全ての人々にむごたらしい死の脅威を突き付けている」1万6000発から7000発の核兵器を世界からなくすことを明確に呼びかけるとともに、(広島・長崎への原爆投下から)70年間に及ぶ核廃絶の約束を実行することを誓い、存在感を示した。

Disarmament Conference Ends with Ambitious Goal – But How to Get There? - Japanese

 

国連軍縮会議が野心的な目標を設定―しかし、それをどう達成するか?

【広島IPS=ラメシュ・ジャウラ】

広島で3日にわたって開催された国連軍縮会議が、「核実験に反対する国際デー」を翌日に控えるなか閉幕した。会議では、核兵器なき世界を実現する必要性は強調されたが、その目標にどう向かうかについてはコンセンサスが得られなかった。

Call for Global Ban on Nuclear Weapons Testing- Japanese

あらゆる核実験の全面禁止を訴える

【広島IPS=浅霧勝浩、ラメシュ・ジャウラ】

国際社会が、来年の包括的核実験禁止条約(CTBT)署名開放20周年に向けて取り組みを強めるなか、CTBTの早期発効を実現するため2年前に発足した「賢人グループ」(GEM: Group of Eminent Persons)が初めて日本で有識者会合を開催し、同条約発効のために批准が必要な8か国に対して緊急に批准することを強く求めるなどとした「広島宣言」を発表した。

Hiroshima and Nagasaki Mayors Plead for a Nuclear Weapons Free World - Japanese

広島・長崎両市長、核兵器なき世界の実現を訴える

【ベルリン/東京IPS=ラメシュ・ジャウラ】

日本の都市、広島と長崎に対して、8月6日と9日になされた残酷で軍事的には合理性に欠ける原爆投下から70年、「核兵器なき世界」への道のりは依然として遠いままだ。