Nuclear Threat Escalating Beyond Political Rhetoric - Japanese

政治的な美辞麗句を超えてエスカレートする核の脅威

【国連IPS=タリフ・ディーン】

米ロの新たな冷戦状況が生まれるなか、核の脅威が(恐らくは政治的な美辞麗句を超えて)エスカレートし始めている。

元国連軍縮局上級政務官のランディ・ライデル博士は、核を巡る現状に関する現実的な評価として、「一般大衆は、気の毒に思います。なぜなら、大衆は核に関して、2つの全く異なる説を聞かされているからです。」と語った。

France Sees Nuclear Arms As Deterrent - Japanese

核兵器を抑止力とみなすフランス

【パリIDN=A.D.マッケンジー】

各国の指導者が4月27日から5月22日にかけてニューヨークの国連本部で開催される核不拡散条約(NPT)運用検討会議に向けて準備を進める中、フランスの活動家らは、発効から45年となる同条約の履行に本気で取り組むような公約がなされるとはあまり期待していないと語る。

Israel and Iran Obstacles to Nuke Free Mideast Depending on Perspective - Japanese

イスラエルとイラン、どちらが非核中東への障害か

【テルアビブ/ラマラIDN=メル・フリクバーグ】

国連安全保障理事会常任理事国(米英仏中露)にドイツを加えた世界の6大国(P5+1)が、イランイスラム共和国に課せられた制裁を解除することと引き換えに、同国の核計画に関する包括合意に6月末までに達することを目指している。

2015 Crucial For A Nuclear Weapon Free World - Korean

'핵무기없는세계'향한중대국면의 2015

【베를린 IDN = 잼 쉐드 · 바루아】

히로시마 · 나가사키에 원자폭탄이 투하된 일부터 70년을 맞는 2015년은 '핵무기없는 세계'를 향한 걸음을 진행하기 위한 중대한 해가 될 것이다. 핵무기 금지를 요구하는 운동은 세계적으로 추진력을 얻고 있지만 2014년의 상황을 살펴보면 핵 군비 경쟁의 새로운 장을 열려고 하는 움직임도 경시할 수 없다.

Opinion: A Legally-Binding Treaty to Prohibit Nuclear Weapons - Japanese

核兵器を禁止する法的拘束力のある条約(レイ・アチソン「リーチング・クリティカル・ウィル」代表)

【ニューヨークIPS=レイ・アチソン】

2010年に核拡散防止条約(NPT)の「行動計画」が採択されてから5年、核軍縮に関連した約束への遵守は、核不拡散あるいは原子力平和利用の関連のそれに比べて、はるかに立ち遅れている。

The Two Koreas: Between Economic Success and Nuclear Threat - Japanese

|二つの朝鮮|経済的成功と核の脅威の間で

 【ソウルIPS=アン・ミヨン】

 二つの朝鮮は奇妙な符号を成している。両者ともに対話の可能性を口にしながら、その条件については異なった考えを持っている。この違いは、朝鮮戦争(1950年~53年)後の62年に及ぶ分断からきている。

Growing Support For Moving Away From Nuclear Weapons - Japanese

脱核兵器への支持、高まる

【ジュネーブIDN=ジャムシェッド・バルーア】

4月27日から5月22日までニューヨークで開催される予定の2015年核不拡散条約(NPT)運用検討会議を前にして、ラテンアメリカ・カリブ海諸国共同体(CELAC)が核軍縮の将来に向けて明確なビジョンを表明した。

Israel’s Obsession for Monopoly on Middle East Nuclear Power - Japanese

|イスラエル|中東における核独占への強迫観念

【国連IPS=タリフ・ディーン】

イラン核協議の期限が3月24日に迫る中、政治的に白熱した議論を呼んでいるこの問題に内在する欧米諸国のあからさまな二重基準と、なにより、長年先送りにされてきた中東非大量破壊兵器(WMD)地帯創設提案の復活に関する議論が、活動家の間で再燃している。

Marshall Islands Nuclear Proliferation Case Thrown Out of U.S. Court - Japanese

マーシャル諸島政府の核不拡散訴訟、米裁判所で門前払い

【国連IPS=ジョシュ・バトラー】

核軍縮交渉の開始を怠ったとしてマーシャル諸島政府が米国政府を訴えていた裁判で、米裁判所が訴えを退ける判断を下した。

マーシャル諸島政府は現在、1968年の核拡散防止条約(NPT)で義務づけられている核軍縮交渉を履行していないとして、インド、パキスタン、英国国際司法裁判所(ICJ)で訴えている。

Dangerous Nuclear War Of Words Between NATO and Russia - Japanese

NATO・ロシア|危険な核陣営間の言論戦

【ベルリンIDN=ジュリオ・ゴドイ】

米ロ両政府は、ウクライナ危機を、恐るべき核戦力の強化を正当化する理由として利用している。

そのことは、ドイツの保守系日曜週刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ・ゾンターグツァイトゥング』(FAS)が1月25日の1面全部を使って、核兵器に関して「威嚇のジェスチャーを取っている」としてロシアを非難したことからも明らかだ。