Growing Support For Moving Away From Nuclear Weapons - Japanese

脱核兵器への支持、高まる

【ジュネーブIDN=ジャムシェッド・バルーア】

4月27日から5月22日までニューヨークで開催される予定の2015年核不拡散条約(NPT)運用検討会議を前にして、ラテンアメリカ・カリブ海諸国共同体(CELAC)が核軍縮の将来に向けて明確なビジョンを表明した。

Israel’s Obsession for Monopoly on Middle East Nuclear Power - Japanese

|イスラエル|中東における核独占への強迫観念

【国連IPS=タリフ・ディーン】

イラン核協議の期限が3月24日に迫る中、政治的に白熱した議論を呼んでいるこの問題に内在する欧米諸国のあからさまな二重基準と、なにより、長年先送りにされてきた中東非大量破壊兵器(WMD)地帯創設提案の復活に関する議論が、活動家の間で再燃している。

Marshall Islands Nuclear Proliferation Case Thrown Out of U.S. Court - Japanese

マーシャル諸島政府の核不拡散訴訟、米裁判所で門前払い

【国連IPS=ジョシュ・バトラー】

核軍縮交渉の開始を怠ったとしてマーシャル諸島政府が米国政府を訴えていた裁判で、米裁判所が訴えを退ける判断を下した。

マーシャル諸島政府は現在、1968年の核拡散防止条約(NPT)で義務づけられている核軍縮交渉を履行していないとして、インド、パキスタン、英国国際司法裁判所(ICJ)で訴えている。

Dangerous Nuclear War Of Words Between NATO and Russia - Japanese

NATO・ロシア|危険な核陣営間の言論戦

【ベルリンIDN=ジュリオ・ゴドイ】

米ロ両政府は、ウクライナ危機を、恐るべき核戦力の強化を正当化する理由として利用している。

そのことは、ドイツの保守系日曜週刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ・ゾンターグツァイトゥング』(FAS)が1月25日の1面全部を使って、核兵器に関して「威嚇のジェスチャーを取っている」としてロシアを非難したことからも明らかだ。

Survivors Aspire For A World Free Of Nuclear Weapons - Korean

핵무기없는세상을꿈꾸는생존자들

【시드니 IDN = 니나 반다리】

선주민족 코카타 물라의 여성 수 콜맨 헤젤다인은 호주 서해안에 위치한 몬테벨로섬과 사우스오스트레일리아(남호주)의 에뮤필드, 그리고 마랄링가에서 영국이 대기권내 핵실험을 시작했을 당시 3세에 불과했다.

New Zealand Robustly Defends Nuclear Ban - Japanese

ニュージーランドが強固に核兵器禁止を擁護

【ワシントンIPS=ジャスミン・ラムジー】

太平洋の小さな島国であるニュージーランドが、国際的な軍縮論議において、大国を相手に独自の主張を貫いている。同国は約30年にわたって非核政策を積極的に推進し、「オーストラリア・NZ・アメリカ相互安全保障条約(通商アンザス条約)」の当事国でありながら、核兵器を搭載したり原子力を動力源とする米国艦船の入港を禁止してきた。

Obama-Congress Iran Sanctions Battle Goes International - Japanese

|イラン核協議|オバマ政権と・米議会の対立が、国際的に波及

【ワシントンIPS=ジャスミン・ラムジー】

イラン核問題に関する協議が今年中に最終合意に達するかどうかは予測困難なことだが、主要な国際主体の多くが、イランに対する制裁を強化すべきとの米国議会内からの議論に巻き込まれている。

Three Minutes Away from Doomsday - Japanese

地球滅亡まであと僅か3分

【国連IPS=レイラ・レンガレフ】

黙示録的なイメージ(午前零時)や核爆発という現代的な特質(ゼロへのカウントダウン)を駆使しながら人類と地球への脅威を伝えるために考案された「世界終末時計」。2012年には午前零時(=地球滅亡の時)まであと5分のところにセットされていたが、その後の野放図な気候変動や核軍拡競争の経緯から、今回時計の針が2分進められることになった。

2015 Crucial For A Nuclear Weapon Free World - Chinese

2015是实现无核武世界的关键一年

【柏林IDN=詹姆勋·巴鲁哈作】

2015年是广岛和长崎原子弹轰炸后70周年,也是为推进一个没有核武的世界的关键性一年。

2015 Crucial For A Nuclear Weapon Free World - Japanese

「核兵器なき世界」に向けて正念場の2015年

【ベルリンIDN=ジャムシェッド・バルーア】

広島・長崎への原爆投下から70年を迎える2015年は、「核兵器なき世界」に向けて歩みを進めていく上で正念場の年となるだろう。核兵器の禁止を求める運動は世界的に勢いを増しているが、2014年の状況をよく見てみるならば、核軍拡競争の新たな章を開こうとする動きも軽視できない。