Q&A: Nuclear Disarmament a Non-Starter, “But I Would Love to Be Proven Wrong” - Japanese

核軍縮が成功する見込みはない「しかしそれが間違いであればよいのだが」(ジェニファー・サイモンズ・サイモンズ財団創設者・会長インタビュー)

 【国連IPS=タリフ・ディーン】

相対性理論を構築したことで世界的に有名な物理学者のアルベルト・アインシュタイン博士がかつて発した有名な言葉がある。「第三次世界大戦がどんな兵器でもって戦われるのか私にはわからない。しかし、第四次世界大戦は、石と棍棒で戦われることになるだろう。」

Mixed Middle East Reaction to Iran Nuclear Deal - Korean

이란 핵합의에  중동으로부터 가지각색의 반응이

이란 핵계획에 대하여4월2일 짜여진 합의내용에 대해 중동지역에서의 반응은  이스라엘에서도、 근린 아랍제국들로부터도 복잡한양상이었다.

이러한 반응의 배경에는 지정학적인 야망과 경제적경쟁,종교적인 이데오르기,개인적인 정치적야심, 전략적인 제휴등 가지각색의 이해관계가 작용하고있었다

Faith-Based Organisations Warn of Impending Nuclear Disaster - Japanese

FBO連合が差し迫る核惨事に警告

【国連IPS=タリフ・ディーン】

1か月に及ぶ核不拡散条約(NPT)運用検討会議が2週間目に入った5月1日、50の宗教を基盤とした組織(FBO)や反核平和運動家、市民社会組織(CSO)に難しい任務が与えられた。本会議で行われる市民社会プレゼンテーションにおいて、核攻撃が人間にもたらす壊滅的な結果についてわずか3分の発表で世界に警告せよ、というのである。

Q&A: Comprehensive Ban on Nuclear Testing, a ‘Stepping Stone’ to a Nuke-Free World - Japanese

|軍縮|核実験の包括的禁止は核兵器なき世界への一里塚(ラッシーナ・ゼルボCTBTO準備委員会事務局長インタビュー)

【国連IPS=カニャ・ダルメイダ】

4週間にわたる核不拡散条約(NPT)運用検討会議が国連で開かれている最中であるが、人類への最大の脅威に関する拘束力のあるこの政治協定がきわどい状況にある中、希望と不満が同じように交錯している。

Nuclear Testing Legacy Haunts Pacific Island Countries - Japanese

核実験の後遺症に悩まされる太平洋島嶼諸国

【スバ(フィジー)IDN=シャイレンドラ・シン】

 太平洋島嶼諸国の著名な反核活動家らは、「核保有主義」(nuclearism)と闘う国際的な取り組みを支援するかつては強力だった運動の再興を目指している。彼らの呼びかけは、4月27日から5月22日までニューヨークの国連本部で開催中の2015年核不拡散条約(NPT)運用検討会議という大きな国際会議と時期を同じくしている。

No Signs Yet Of Mass Destruction Weapon-Free Middle East - Japanese

中東非大量破壊兵器地帯実現の見通しは未だ不透明

【ベルリンIDN=ラメシュ・ジャウラ】

5年に一度の核不拡散条約(NPT)運用検討会議が4週間にわたって間もなく開催されるが、大量破壊兵器(WMD)その運搬手段を中東地域から廃絶するという目標は、依然として遠い夢のままだ。そして、2012年12月にヘルシンキで招集される予定だった「中東非核・非大量破壊兵器地帯化に関する会議」(中東会議)もまた然りである。

U.N. Warns of Growing Divide Between Nuclear Haves and Have-Nots - Japanese

核を「持つ者」と「持たざる者」の分断に国連が警告

【国連IPS=タリフ・ディーン】

3年の任期を経てまもなく職を離れるアンゲラ・ケイン国連軍縮問題担当上級代表が、「(この3年間は)軍縮にとって最良の時期とはいえませんでした。」と述べ、紛争に満ちた近年の世界情勢について暗い見方を示した。

Mixed Middle East Reaction to Iran Nuclear Deal - Japanese

 イラン核合意に中東からさまざまな反応

 【ラマラIDN=メル・フリクバーグ】

イラン核計画に関する4月2日の枠組み合意に対する中東地域での反応は、イスラエルでも近隣のアラブ諸国でも複雑なものであった。こうした反応の背景には、地政学的野望や経済的競争、宗教的イデオロギー、個人的な政治野心、戦略的連携などの様々な利害関係が作用していた。

Opinion: Shared Action for a Nuclear Weapon Free World - Japanese

|視点|核兵器のない世界へ 行動の連帯を」(池田大作創価学会インタナショナル会長)

【IPS東京=池田大作】

いよいよ今月末からNPT再検討会議が始まる。広島・長崎への原爆投下から70年となる節目に行われる同会議で、「核兵器のない世界」を現実のものとするための誓約と成果が導き出されることを、強く呼び掛けたい。

近年、核兵器をめぐる論議の潮目は、大きく変わりつつある。

昨年10月には「核兵器の人道的影響に関する共同声明」に、国連加盟国の約8割にあたる国が賛同し、いかなる状況下でも核兵器が使用されないことを求める、共通の意思を明確に示すまでになってきたからだ。

昨年12月、ウィーンで開催された「核兵器の人道的影響に関する国際会議」でも、同会議に初めて参加したアメリカとイギリスからも、核兵器のもつ非人道性をめぐるさまざまな議論が行われてきたこと自体は理解するとの立場が示された。

Obama Prepares for Showdown with Congress Over Iran Deal - Japanese

|イラン核問題|米議会との対立決着を図るオバマ大統領

【ワシントンIPS=ジャスミン・ラムジー】

イランの核問題をめぐる「枠組合意」妥結期限から2日が過ぎ、交渉担当者らは成果なく手ぶらで帰国するかに見えた。しかし、4月2日、スイスのローザンヌとワシントンにおいて驚きの詳細な枠組みが発表された。それと時を同じくして米国のバラク・オバマ大統領の頭の中にあったのは、米議会との対決であった。