Remembering Hiroshima For The Sake Of Our Common Future - Japanese

 

共通の未来のためにヒロシマの被爆体験を記憶する

【東京IDN=モンズルル・ハク】

人間の「記憶」というものは、とりわけ戦争と破壊を記録するという点においては長続きしないようだ。人間の苦悩や窮状を描いた様々な時代の詳細な記録が無数に残されているが、人類は恐らくそうしたものを、何か曖昧で抽象的なこと、或いは、日常の現実とは全く関係ない、何か遠いかけ離れた出来事であるかのように捉えるのだろう。漠然と認識されたものは確かな証拠とはなり得ず、かけ離れた出来事が、良心を激しく揺さぶることもないことから、私たちは、打ち続いた悲劇的な現実が落ち着きを見せ、たとえ短期間でも比較的平穏な状況への道のりが見出されれば、瞬く間に、戦争や破壊が人類にもたらしたものを忘却の彼方に葬り去ってしまう傾向にある。

Egypt Continues Efforts For A WMD-Free Mideast - Korean

비핵중동으로향하여계속노력하고있는이집트

【마드리드 IDN = 바헤루 · 카마루】

이집트 정부는 자기 국가를 포함한 중동 국가들이 사회적으로도, 경제적으로도, 정치적으로도 불안정한 상황에 있음에도 불구하고 핵무기를 포함한 대량 살상 무기를 중동지역에서 빨리 없애기 위한 적극적인 외교활동을 강화하고 있다.

Egypt Continues Efforts For A WMD-Free Mideast - Chinese

埃及持续为无核化做出努力

【MADRID IDN=Baher Kamal】

尽管埃及以及其他阿拉伯国家在社会、经济和政治等方面威胁力有限,但为了尽快令中东地区远离所有大规模杀伤性武器的威胁,最近埃及首都开罗为实现这一目标而加强努力。

声明中东为无核区需要各国采取具体的行动,但埃及的外交官员担心在这件事宜上可能会有的更多的推延, 而这将导致中东地区国家间在核武装力量上相互竞争,例如像沙特阿拉伯这样的主要大国可能会发展核武器用以对抗来自以色列以及伊朗的核威胁。

Egypt Continues Efforts For A WMD-Free Mideast - Japanese

非核中東への努力を続けるエジプト

【マドリッドIDN=バヘール・カーマル】

エジプト政府は、自国を含む中東諸国が社会的にも経済的にも政治的にも不安定な状況にあるにもかかわらず、核兵器を含む大量破壊兵器を中東地域から一刻も早くなくすための外交攻勢を強めている。

エジプト外交筋は、中東非核兵器地帯の創設を宣言するための具体的な行動をとることがこれ以上遅れようならば、中東地域に核軍拡競争が起こりかねないと危惧しており、具体的にはサウジアラビアのような地域大国がイスラエルやイランの核の脅威に対抗するために核武装する可能性があると警告している。

Peaceful Transitions From The Nuclear To The Solar Age - Japanese

|視点|核時代から太陽光時代への平和的移行(ヘーゼル・ヘンダーソン「倫理的市場メディア」代表・未来学者)

【IPSコラム=ヘーゼル・ヘンダーソン】

日本の仏教者で創価学会インタナショナル(SGI)の会長である池田大作氏2014年の「平和提言」は、日常のニュースから、人類共通の未来を確かなものにするためのより平和的で平等、持続可能な人間社会に向けたより長期的な関心へと私の焦点を引き上げてくれました。これらの幅広い関心は、今では、個人的、地域的、国家的な目標を超越した何百万人もの世界市民によって共有されています。

Eyewitness to Nuke Explosion Challenges World Powers - Japanese

世界の大国に挑戦する核爆発証言者

【国連IPS=タリフ・ディーン】

マーシャル諸島のトニー・デブルム外相が、先月国連で開催された核不拡散条約(NPT)運用検討会議第3回準備委員会での演説で、「この会場におられる方々の中で、直接核爆発を見たことがある方はどれほどおられますか?」と問いかけた。

はたして、会場は水を打ったように静かになった。

Hiroshima Meet Falls Short Of Outlawing Nukes - Chinese

广岛联合会议没能令核武器非法化

【东京IDN=Monzurul Huq】

12位来自无核武器国家的外交部长在日本城市广岛召开了为期两天的联合会议,虽然这样的会议是很少见的,但这次联合会议体现了其所指的象征意义的重要性。广岛作为世界上第一个见证了核武器的可怕破坏力的城市,距离它被核弹轰炸的那一天已经过去了70年,但是这座城市依旧提醒着那些奋斗在国际间合作前沿的人们大规模杀伤性武器所带来的巨大损失和破坏性的影响,引导并指示人们消灭核武器是极其必要的任务。各位外交部长在会议正式的讨论开始之前,先聆听了核爆幸存者的故事,这更为这次在4月11日至12日举行的广岛外交部长会议增加了象征意义和价值。

Hiroshima Meet Falls Short Of Outlawing Nukes - Korean

핵병기비합법화를 밝혀 않았던 히로시마 회의

【동경IDN = 몬즈루루·하크】

비핵 12개국 연합의 이틀에 걸치는 외무장관 회의가 일본의 도시·히로시마(廣島)에서 개최되었던 사실만이라도 그 상징적인 중요성을 이해할 수 있는 같다. 원폭에 의한 파괴의 공포를 본 세계처음의 도시인 히로시마는 약 70년 전의 그 운명적인 날 이후 대량 살상 무기가 일으킬 수 있는 괴멸적인 영향에 관해서 배우는 세계적인 대책에 계속한 선도하며 핵병기 폐절의 필요성을 계속한 주장하여 왔다. 4월11일부터 12일까지 히로시마에서 회의를 연다는 상징적인 행위는 공식협의에 옮겨가기 전에 각료들이 피폭자의 증언에 귀를 기울인 것으로 보다 의미가 있는 것이 되었다.

Interfaith Leaders Jointly Call to Abolish Nuclear Arms - Japanese

各宗派の指導者が共同で核廃絶を呼び掛け

【ワシントンIPS=ミシェル・トゥロ】

ニューヨークの国連本部で核不拡散条約(NPT)運用検討会議第3回準備委員会が翌週から開かれるのを前にして、世界の11の宗派から関係者含め100人以上の代表(宗教者、学術関係者、非政府団体関係者ら)が集い、世界の核兵器廃絶を目指す取り組みを強化することを誓い合った。

U.S.-Dependent Pacific Island Defies Nuke Powers - Japanese

米国に依存する太平洋の島嶼国が、核兵器保有国に挑む

【国連IPS=タリフ・ディーン】

太平洋上の小さな国家マーシャル諸島が、ハーグの国際司法裁判所(ICJ)で世界の核大国に挑戦しようとしている。同国は、経済的な生存のために米国に大きく依存し、通貨として米ドルを使用し、あらゆる政治的に議論のある問題に関して国連で米国とほぼ同じ投票行動をとる国である。