Hiroshima Meet Falls Short Of Outlawing Nukes - Chinese

广岛联合会议没能令核武器非法化

【东京IDN=Monzurul Huq】

12位来自无核武器国家的外交部长在日本城市广岛召开了为期两天的联合会议,虽然这样的会议是很少见的,但这次联合会议体现了其所指的象征意义的重要性。广岛作为世界上第一个见证了核武器的可怕破坏力的城市,距离它被核弹轰炸的那一天已经过去了70年,但是这座城市依旧提醒着那些奋斗在国际间合作前沿的人们大规模杀伤性武器所带来的巨大损失和破坏性的影响,引导并指示人们消灭核武器是极其必要的任务。各位外交部长在会议正式的讨论开始之前,先聆听了核爆幸存者的故事,这更为这次在4月11日至12日举行的广岛外交部长会议增加了象征意义和价值。

Hiroshima Meet Falls Short Of Outlawing Nukes - Korean

핵병기비합법화를 밝혀 않았던 히로시마 회의

【동경IDN = 몬즈루루·하크】

비핵 12개국 연합의 이틀에 걸치는 외무장관 회의가 일본의 도시·히로시마(廣島)에서 개최되었던 사실만이라도 그 상징적인 중요성을 이해할 수 있는 같다. 원폭에 의한 파괴의 공포를 본 세계처음의 도시인 히로시마는 약 70년 전의 그 운명적인 날 이후 대량 살상 무기가 일으킬 수 있는 괴멸적인 영향에 관해서 배우는 세계적인 대책에 계속한 선도하며 핵병기 폐절의 필요성을 계속한 주장하여 왔다. 4월11일부터 12일까지 히로시마에서 회의를 연다는 상징적인 행위는 공식협의에 옮겨가기 전에 각료들이 피폭자의 증언에 귀를 기울인 것으로 보다 의미가 있는 것이 되었다.

Interfaith Leaders Jointly Call to Abolish Nuclear Arms - Japanese

各宗派の指導者が共同で核廃絶を呼び掛け

【ワシントンIPS=ミシェル・トゥロ】

ニューヨークの国連本部で核不拡散条約(NPT)運用検討会議第3回準備委員会が翌週から開かれるのを前にして、世界の11の宗派から関係者含め100人以上の代表(宗教者、学術関係者、非政府団体関係者ら)が集い、世界の核兵器廃絶を目指す取り組みを強化することを誓い合った。

U.S.-Dependent Pacific Island Defies Nuke Powers - Japanese

米国に依存する太平洋の島嶼国が、核兵器保有国に挑む

【国連IPS=タリフ・ディーン】

太平洋上の小さな国家マーシャル諸島が、ハーグの国際司法裁判所(ICJ)で世界の核大国に挑戦しようとしている。同国は、経済的な生存のために米国に大きく依存し、通貨として米ドルを使用し、あらゆる政治的に議論のある問題に関して国連で米国とほぼ同じ投票行動をとる国である。

U.S.-Russia Sabre Rattling May Undermine Nuke Meeting - Japanese

NPT運用検討会議を危機に陥らせかねない米露対立

【国連IPS=タリフ・ディーン】

ウクライナをめぐる米露間の緊張が強まり、国連の主要な平和のイニシアチブのひとつである核軍縮に支障が出てきている。

とりわけ、核という大量破壊兵器(WMD)の拡散を防止する条約に関する主要な準備委員会会合を目前にして、世界の二大核兵器国は互いを非難し、諍いは激しさを増している。

2000年の核不拡散条約(NPT)運用検討条約で合意された「13の措置」と、2010年会議で「中東非核・非大量破壊兵器地帯」の創設に関する合意とともに出された64点の「行動計画」は、運用検討プロセス強化の先駆けであった、とジャヤンタ・ダナパラ元国連事務次長はIPSの取材に対して語った。

Hiroshima Meet Falls Short Of Outlawing Nukes - Japanese

核兵器非合法化を打ち出さなかった広島会合

【東京IDN=モンズルル・ハク】

非核12か国連合の2日間にわたる外相会合が日本の都市・広島で開催されたという事実だけでも、その象徴的な重要性を理解できるだろう。原爆による破壊の恐怖を目撃した世界初の都市である広島は、およそ70年前のその運命的な日以来、大量破壊兵器が引き起こしうる壊滅的な影響について学ぶ世界的な取り組みの先頭に立ち続け、核兵器を廃絶することの必要性を訴え続けてきた。4月11日から12日にかけて広島で会合を開くというこの象徴的な行為は、公式協議に移る前に閣僚たちが被爆者の証言に耳を傾けたことで、より重みのあるものになった。

Non-Nuclear Ukraine Haunts Security Summit in The Hague - Japanese

ハーグ核安全保障サミットの話題となった非核国ウクライナ

【国連IPS=タリフ・ディーン】

前評判が高かった「核安全保障サミット」(NSS)は、3月25日まで2日間にわたりオランダのハーグで開催されたが、ウクライナ騒乱をめぐる問題に政治的に終始してしまった。旧ソ連のウクライナは、1994年に約1800発の核兵器を廃棄し、世界でも最も成功した軍縮の取り組みだと評価されていた。

NATO and Russia Caught in New Nuclear Arms Race - Chinese

与俄斯陷入新一军备竞赛

【柏林IDN=由胡里奥·戈多伊】

美国政府非官方地指责俄罗斯违反了1987年的中程核力量条约(INF),因为俄罗斯飞行测试了两段式RS-26陆基巡航导弹。

INF条约禁止这两国生产、测试以及部署导弹和巡航导弹,以及中(1,000至5,500公里)短(500至1,000公里)射程的陆基导弹,虽然美国政府还没有对俄罗斯涉嫌违背INF条约做出官方的评论,但美国华盛顿政府的高级官员却在眼下与莫斯科关系特别紧张的时刻向美国媒体透露了这个消息。

Towards A Nuke-Free Sustainable Global Society - Japanese

核兵器なき持続可能なグローバル社会へ

【ベルリンIDN=ラメシュ・ジャウラ】

アイルランドの詩人ウィリアム・バトラー・イェイツは、1919年の有名な詩「再臨(The Second Coming)」で、第一次大戦後の混乱と無秩序についてこう書いている。「世界はバラバラになり、中心は持ちこたえられない/無秩序がこの世にぶちまかれ/いたるところに血で濁りきった潮が押し寄せ/無垢な儀式(従来の慣習を重んじる伝統的な階級)を飲み込んでしまう/すべての信念が失われ、最悪が/熱を帯びて充満している。」世界戦争こそ起きていないが、ふたたび世界がバラバラになっていくような現代、仏教哲学者で教育者の池田大作創価学会インタナショナル(SGI)会長は、希望を捨てず「グローバルな変化を引き起こすための価値を創造する」方途を示している。

Exploring the Path Towards a Nuclear-free World - Japanese

核兵器のない世界への道筋(池田大作創価学会インタナショナル会長)

【IPSコラム=池田大作】

「核兵器の人道的影響」をテーマにした国際会議が、昨年のオスロでの会議に続いて、2月にメキシコで行われた。

科学的検証に基づき、そこで出されたのが次の結論である。