Peace Forum At UN Pleads For Nuke Abolition - Korean

유엔평화포럼, 폐기를호소한다

【뉴욕 IDN = 잼 셰드·바루아(Jamshed Baruah)】

유엔 ‘문명의 동맹 (UNAOC: Alliance of Civilizations)’ 수석대표의 나시르 압둘 아지즈 아루나세루(Nassir Abdulaziz Al-Nasser) 대사가 ‘핵무기의 사용이 가져 오는 파멸적인 인도주의 귀결과 그것이 국제평화와 안전에 미치는 위협’에 관해서 깊은 우려를 표명하고 있다. 뉴욕 유엔 본부에서 개최된 신간 ‘평화를 위한 포럼 - 이케다 다이사쿠 유엔제언선집’(I · B · 토리스 사)의 출판을 기념하는 심포지엄 '세계 시민 및 유엔의 미래'를 시작함에 있어서 아루나세루 대사는 평화 문화의 중요성에 대해서도 강조하였다.

Three Conferences To Focus On Nuke-Free World - Japanese

「核兵器なき世界」に焦点あてた3つの会議

【ベルリンIDN=ジャムシェッド・バルーア】

ウクライナをめぐる米露間の緊張が高まり、核問題にも悪影響が出てくると予想される中、核不拡散・軍縮に向けた取り組みを強化するうえで、今年4月に予定されている3つの国際会議の重要性がますます高まっている。

Peace Forum At UN Pleads For Nuke Abolition - Chinese

和平论坛合国求消除核武器

【纽约IDN=Jamshed Baruah】

作为联合国文明同盟(UNAOC)的高级代表,纳西尔·阿卜杜勒阿齐兹·纳赛尔大使表达了他对“核武器造成的灾难性人道主义后果,以及核武器对国际和平和安全构成威胁”的深切关注。在纽约联合国总部,纳赛尔大使推出了一本名为“和平论坛“的书,并开启了对全球公民意识和联合国的未来的讨论,他同时还强调了文化同和平的重要性。

NATO and Russia Caught in New Nuclear Arms Race - Japanese

【ベルリンIDN=ジュリオ・ゴドイ】

米国政府は、(ロシア政府が)2段式の地上発射巡航ミサイル「RS-26」の発射実験を行ったことは1987年の中距離核戦力(INF)全廃条約違反だとして、非公式にロシアを非難している。

Nuclear Disarmament, the State of Play - Japanese

|視点|核軍縮の現状(ピーター・ワイス核政策法律家委員会名誉会長)

【ニューヨークIPS=ピーター・ワイス】

もし精神病というものが現実との接点を失うことだとしたら、核軍縮の現状はまさに精神病と言えるだろう。

一方で核問題は、数十年にわたる休眠状態から表舞台へと徐々に現れつつある。他方で「核兵器なき世界」への核兵器国のコミットメントは、遵守というよりも違反としてとらえられている。

Peace Forum At UN Pleads For Nuke Abolition - Japanese

国連での平和フォーラム、核廃絶を訴える

【ニューヨークIDN=ジャムシェッド・バルーア】

国 連「文明の同盟」(UNAOC)上級代表のナシル・アブドゥルアジズ・アルナセル大使が、「核兵器の使用がもたらす破滅的な人道的帰結と、それが国際の平 和と安全に及ぼす脅威」について深い懸念を表明している。ニューヨークの国連本部で開催された、新刊『平和のためのフォーラム―池田大作 国連提言選集』 (I・B・トーリス社)の出版を記念するシンポジウム「世界市民と国連の未来」を開始するにあたって、アルナセル大使は、平和の文化の重要性についても強 調した。

Abolitionists Want to Set a Deadline for Nuclear Ban - Japanese

期限を切った核兵器禁止を求める活動家たち

【ヌエボバジャルタ(メキシコ)IPS=エミリオ・ゴドイ】

核軍縮を主張する国々は、核兵器を廃絶する公式協議の開始日設定の準備をする地点にまで到達している。今年末にオーストリアで、その設定がなされる可能性もある。

Nuclear Weapons Leave Unspeakable Legacy - Japanese

言語に絶する負の遺産を残す核兵器

【ヌエボバジャルタ(メキシコ)IPS=エミリオ・ゴドイ】

山下泰昭さん(74歳)は、米国が1945年8月9日に長崎に投下した原子爆弾で被爆した自身の経験を、長らく人には語ってこなかった。

Nuke Summit Agenda Circumvents Armed Powers - Japanese

核保有国の問題を避ける核安全保障サミット

IPS=タリフ・ディーン】

50か国以上の首脳が来月オランダで開かれる核安全保障サミット(NSS)に集う。最大の焦点は政治的な色彩の濃い問題、つまり、非国家主体やテロリストが核兵器や核物質を入手するのを防ぐにはどうすればよいか、という問いになるだろう。

A Manufactured Nuclear Crisis - Japanese

捏造されたイラン核危機

【ワシントンIPS=ピーター・ジェンキンス】

ガレス・ポーター氏(歴史家・IPS記者)の新著の副題「イラン核騒動の語られざる物語(The Untold Story of the Iran Nuclear Scare)」は、よく選ばれた言葉だ。『捏造された危機』の大部分は実際、今まで語られてきていない。それを紐解いていけば、著者が言うところの「もうひとつの物語」が見えてくるだろう。