UN Downplays Health Effects of Nuclear Radiation - JAPANESE

国連、放射線被ばくの健康への影響を過小評価

【国連 IPS =ジョージ・ガオ】

残留放射線が地元住民に及ぼす影響について不正確な見解を示したとして、国連が医療関係者や市民社会からの批判にさらされている。

科学者や医者らが先週、国連のトップ級と面会し、日本およびウクライナにおける放射線の効果について議論した。国連は、国際原子力機関( IAEA )、世界保健機構( WHO )、原子放射線の影響に関する国連科学委員会( UNSCEAR )など複数の機関を、この問題に対処する機関として指定している。

Obama Renews Push For Nuclear Arms Control - JAPANESE

オバマ大統領、核軍備管理のさらなる推進を表明

【ワシントン IPS =シドニー・ハーギス】

バラク・オバマ大統領が19日にベルリンでの演説で発表した米露間のさらなる核兵器削減の呼びかけに対して、さまざまな反応が出ている。

オバマ大統領は、「我々は、もはや世界絶滅の恐怖の中で生きてはいないかもしれません。しかし、核兵器が存在し続けるかぎり、我々は本当に安全とは言えません。」「我々はテロリスト網を一網打尽にすることができるかもしれませんが、過激主義を煽る不安定と不寛容の問題を無視する限り、我々自身の自由は結果として危機にさらされることになるでしょう。」と述べた。

U.N. Can Help Devalue Nukes as Geopolitical Currency - JAPANESE

地政学的通貨としての核の価値を国連は引き下げることができる

【国連 IPS =タリフ・ディーン】

国連総会(193が加盟)は今年9月に初めて核軍縮に関するハイレベル会合を開催するが、核兵器保有国がこの致命的な兵器を段階的になくすか廃絶すると明確に約束する見通しは、ほとんどない。

'Nuclear Iran Unlikely to Tilt Regional Power Balance' - JAPANESE

|報告書|イランが核を保有しても地域のパワー・バランスは崩れない

【ワシントンIPS=ジム・ローブ、ジョー・ヒッチョン】

米国のシンクタンク「ランド研究所」が5月17日に発表した新しい報告書によれば、イランが核兵器を保有した場合でも、米国や米国の中東における同盟国(イスラエルや湾岸地域のアラブ君主国家)にとって重大な脅威にはならない、という。

U.S.-Russia Nuclear Arsenals Cling to Bygone Era - JAPANESE

過ぎ去った時代の核戦力に固執する米国とロシア

【国連 IPS =ジョージ・ガオ】

19世紀末のロシアの劇作家アントン・チェーホフ(1860年~1904年)は、ドラマチックな劇を作るためのひとつの黄金律を残している。それは、弾を込めた銃を劇の冒頭で観客に見せたなら、最終場面までにその銃で撃たなくてはならない、というものだ。

Nuclear Iran Can Be Contained and Deterred: Report - JAPANESE

報告書:「核保有国」イランは封じ込め・抑止できる

【ワシントン IPS =ジム・ローブ】

バラク・オバマ大統領に近い有力シンクタンク「新アメリカ安全保障センター( CNAS )」が5月13日、「イランの核保有は防止することが望ましいが、仮に核を持ったとしても米国はイランを抑止することが可能だ」とする報告書を発表した。

UN Accused of Playing Down Nuke Disarmament Conference - JAPANESE

核軍縮ハイレベル会合に熱心でない国連への批判高まる

【国連 IPS =タリフ・ディーン】

国連の潘基文事務総長は「核兵器なき世界」をもっとも熱心に推奨しているひとりだ。

「核軍縮と核不拡散はユートピア的な理想ではありません。それは世界の平和と安全にとって絶対不可欠なものなのです。」と潘事務総長は言う。

'Don't Take Arabs' NPT Membership for Granted' - JAPANESE

「アラブの NPT 残留を当然だと思うな」

【カイロ IDN =バヘール・カーマル】

エジプト国民が核問題に現実の懸念を抱いているというわけではない。宗教間暴力が激しさを増し、ムハンマド・モルシ政権に対する民衆の不満が高まる中、危険な不安状況が続いている。こうしたなかでエジプト国民は、彼らの現在と直近の将来について深く憂慮している。簡単に言えば、あまりに多くの不満とごまかしがあり、核のことなどは考えられないというのが現状である。

Search

Newsletter

Donate

We are a close partner of the Global Cooperation Council and request your support for continuing to raise international understanding with a view to prohibiting nuclear weapons.



Report & Newsletter

Toward a World Without Nuclear Weapons 2018

Newsletters April 2016-March 2018

Newsletter Archive 2009-2015

QR Code

QR-Code