'Nuclear Iran Unlikely to Tilt Regional Power Balance' - JAPANESE

|報告書|イランが核を保有しても地域のパワー・バランスは崩れない

【ワシントンIPS=ジム・ローブ、ジョー・ヒッチョン】

米国のシンクタンク「ランド研究所」が5月17日に発表した新しい報告書によれば、イランが核兵器を保有した場合でも、米国や米国の中東における同盟国(イスラエルや湾岸地域のアラブ君主国家)にとって重大な脅威にはならない、という。

U.S.-Russia Nuclear Arsenals Cling to Bygone Era - JAPANESE

過ぎ去った時代の核戦力に固執する米国とロシア

【国連 IPS =ジョージ・ガオ】

19世紀末のロシアの劇作家アントン・チェーホフ(1860年~1904年)は、ドラマチックな劇を作るためのひとつの黄金律を残している。それは、弾を込めた銃を劇の冒頭で観客に見せたなら、最終場面までにその銃で撃たなくてはならない、というものだ。

Nuclear Iran Can Be Contained and Deterred: Report - JAPANESE

報告書:「核保有国」イランは封じ込め・抑止できる

【ワシントン IPS =ジム・ローブ】

バラク・オバマ大統領に近い有力シンクタンク「新アメリカ安全保障センター( CNAS )」が5月13日、「イランの核保有は防止することが望ましいが、仮に核を持ったとしても米国はイランを抑止することが可能だ」とする報告書を発表した。

UN Accused of Playing Down Nuke Disarmament Conference - JAPANESE

核軍縮ハイレベル会合に熱心でない国連への批判高まる

【国連 IPS =タリフ・ディーン】

国連の潘基文事務総長は「核兵器なき世界」をもっとも熱心に推奨しているひとりだ。

「核軍縮と核不拡散はユートピア的な理想ではありません。それは世界の平和と安全にとって絶対不可欠なものなのです。」と潘事務総長は言う。

'Don't Take Arabs' NPT Membership for Granted' - JAPANESE

「アラブの NPT 残留を当然だと思うな」

【カイロ IDN =バヘール・カーマル】

エジプト国民が核問題に現実の懸念を抱いているというわけではない。宗教間暴力が激しさを増し、ムハンマド・モルシ政権に対する民衆の不満が高まる中、危険な不安状況が続いている。こうしたなかでエジプト国民は、彼らの現在と直近の将来について深く憂慮している。簡単に言えば、あまりに多くの不満とごまかしがあり、核のことなどは考えられないというのが現状である。