What About The ‘Global Red Line’ For Nukes - Korean

핵에관한세계적으로허용할없는일선어떤것인가.

【베를린 IDN=Ramesh Jaura ]

‘ 핵무기 없는 세계 ’ 에 향한 열심한 활동으로 정편이 있는 ‘ 핵무기 폐절 캠페인 ’(ICAN) 이 다시 지구와 인류전체의 생존자체를 위험하게 바지게 되는 핵무기를 전폐할 수 있도록 현대 권력자들에게 주장하고 있다 . ICAN 의 열기가 있는 주장은 뉴욕에서 개최되는 ‘ 핵군축에 관한 유엔총회 정상회합 ’ 에 맞아서 실시되었다 .

Russia May Do Better Than its Nuclear Rhetoric - Japanese

ロシアは、核のレトリックよりもより良い政策を推進できる

【モスクワIPS=パボル・ストラカンスキー】

ロシアは、一見したところ、核軍縮政策の変化に対して頑なに抵抗しているかに思えるが、シリアに化学兵器を廃棄させた最近の動向を見ると、世界の核兵器備蓄を削減するうえでより積極的な役割をロシアは果たしうるのではないかと専門家らは考えている。

9月26日にニューヨークの国連本部で開催された史上初の「核軍縮に関する国連総会ハイレベル会合」は、ロシアが核兵器削減への新たな取り組みを行わないとの立場を明確にして終了した。

Hiroshima and Nagasaki Beckon Nuke Free World - Japanese

「核なき世界」を引き寄せるヒロシマ・ナガサキ

【ベルリン/広島IDN=ラメシュ・ジャウラ】

「ヒロシマ・ナガサキという日本の2つの都市に対する原爆投下から70周年を記念して、世界の指導者、国連高官、市長、市民社会の代表がサミットに集い、核兵器は2020年までに違法化されることを宣言し、核兵器禁止条約に可及的速やかに合意するようすべての政府に求める。」

核兵器なき世界をもたらす気運が継続し、2015年の広島・長崎への原爆投下記念日に核廃絶サミットを開催すべきとの池田大作創価学会インタナショナル(SGI)会長の提言が実現すれば、2015年8月の報道発表はこういうものになるかもしれない。

What About The ‘Global Red Line’ For Nukes - Chinese

来个核武器的“全球禁区”怎么样?

【 柏林( IDN ) = Ramesh Jaura 】

被誉为敦促世界无核化的热心活动家的 ICAN ,再次呼吁各方势力禁止威胁地球和人类存亡的一切核武器。国际废除核武器运动组织的这一强烈呼吁正好与在纽约进行的关于核裁军的联合国高级会议同时进行。

UN Presses Forward on Global Ban on Nuke Tests - Japanese

国連、核実験の世界的禁止に向けて圧力

【ニューヨーク IDN =ジャヤ・ラマチャンドラン】

包括的核実験禁止条約( CTBT が署名開放されてから17年、国際連合は、この条約が「できるだけ早い時期に」発効するよう促す新しいイニシアチブを開始した。

ICAN Australia Shows The Way To Abolish Nukes - Korean

ICAN 호주가 보여주는 핵 폐기로 길

【시드니 IDN = 니나 반다리】

핵무기 보유국가가 핵미사일을 많이 만들고 그것을 운반하는 탄도 미사일과 폭격기 및 잠수함을 건조하고 현대화하고 있고 핵무기 폐기 운동은 더욱 힘을 키우고 있다.

What About The ‘Global Red Line’ For Nukes - Japanese

核に関する「世界的に許容できない一線」はどうなのか

【ベルリン IDN =ラメシュ・ジャウラ】

核兵器なき世界」に向けた熱心な活動で定評がある「核兵器廃絶国際キャンペーン」( ICAN )が再び、地球と人類全体の生存そのものを危うくする核兵器を全廃するよう、時の権力者らに訴えかけている。 ICAN によるこの熱気のこもった呼びかけは、ニューヨークで開催された「核軍縮に関する国連総会ハイレベル会合」にあわせてなされた。

High Opportunity for Nuclear Disarmament at High-Level Meeting - Japanese

|視点|ハイレベル会合という核軍縮へのまたとない機会(ジョナサン・グラノフ、グローバル安全保障研究所所長)

【米ペンシルバニア州ハリスバーグ IPS =ジョナサン・グラノフ】

連総会は全ての加盟国に対して、9月26日に開催予定の「核軍縮に関する国連総会ハイレベル会合」に最も高い政治的レベルで参加するよう招請している。これは核軍縮をテーマにした会合としては、史上初めてのことである。また人類は今日ほど「危機」と「チャンス」が混在する瞬間に立ち会ったことがない。

‘Delusion’ Challenges U.S. Claims About Nuclear Iran - Japanese

米国のイラン核武装説は「危険な幻想」(ピーター・ジェンキンス元英国IAEA大使)

【ロンドン IPS =ピーター・ジェンキンス】

今年出版された『危険な幻想( Dangerous Delusion )』は、英国でもっとも優れた政治評論家のひとりである ピーター・オズボーン氏 と、2003年の イラク戦争 に向けていかに英国世論と議会が誤った方向に導かれたかについて強力な議論を展開してきたアイルランドの物理学者デイビッド・モリソン氏による著作である。

U.N. Chief Eyes Eight Holdouts in Nuke Test Ban Treaty - Japanese

国連事務総長、核実験禁止条約未参加8か国への働きかけを強める

【国連 IPS =タリフ・ディーン】

約20人の「賢人」が、 包括的核実験禁止条約(CTBT への参加を頑強に拒んできた8か国の説得にあたるという、極めて困難な任務に挑むことになりそうだ。