Kazakhstan Leads the Way to a Nuclear-Weapon Free World - Chinese

领导我们走向无核世界之路的哈萨克斯坦

 【阿斯塔纳(IDN),拉梅什•贾武拉,浅霧胜浩】

有关核裁军的实现方式各个国家的见解都大相径庭,其中类似哈萨克斯坦这样的国家就必须通过共同的基础和包容性的对话向领导的道路前进。这正是能真正使我们的世界变得安全而迫切需要的领导力,联合国秘书长潘基文在以“建立无核世界”为目标的核裁军国际会议上传达了这一信息。

Learning from the Reykjavik Summit 30 Years On - Japanese

レイキャビク首脳会談30年後の教訓

 【レイキャビクIDN=ロワーナ・ヴィール】

ウクライナやクリミア、シリア問題をめぐって米ロ関係が急速に悪化しているなか、アイスランドの首都レイキャビクで10月10日と11日の両日、ロナルド・レーガン大統領(当時)とミハイル・ゴルバチョフ書記長(当時)との間で行われた歴史的なレイキャビク首脳会談から30年を記念するイベントが、専門家や外交官、研究者らの参加を得て開催された。

Iceland Debates Whether It Hosted Nuclear Weapons - Japanese

核兵器は配備されたか?―アイスランドで論争

【レイキャビクIDN=ロワーナ・ビール】

最近ある文書が機密解除され、米国が北大西洋条約機構(NATO)の1949年創設以来の加盟国であるアイスランドに核兵器を配備したことがあるかどうかを巡る論争が巻き起こっている。

米国は、北大西洋と北極海の交わる戦略的な地点に位置するアイスランドに核兵器を一度も配備したことがないと主張しているが、これは、この国に核兵器を配備する計画が存在しなかったということを意味するわけではない、と専門家らはみている。バルール・インギムンダーソン氏とウィリアム・アーキン氏の研究によると、冷戦期にアイスランドは核の備蓄基地とみなされていた。

World Congress in Berlin Demands Demilitarization of Minds - Japanese

ベルリンでの世界会議、「心の脱軍事化」を求める

【ベルリンIDN=ラメシュ・ジャウラ】

「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」。ユネスコ憲章前文はこのように謳いあげている。これはまた、「脱軍事!平和の気運醸成へ向けて:行動アジェンダを生み出す」と題された世界大会での中心的なメッセージでもあった。大会は、ベルリンで9月30日から10月3日にかけて開かれた。

UN Security Council Bans Nuke Tests But Not Bombs - Japanese

国連安保理、核実験は禁止しても、核兵器は禁止せず

 【ニューヨークIDN=ラメシュ・ジャウラ】

包括的核実験禁止条約(CTBT)の署名開放20周年を翌日に控えて、国連安保理は、20年前に確立されている核実験の事実上の世界的禁止を強化する決議を採択した。

拒否権を持つ米国・ロシア・中国・英国・フランスの5大国(P5)と、ローテーションで選出され2年の任期を持つ非常任理事国10カ国からなる国連安保理は、9月23日の集中審議の後、賛成14・反対0・棄権1で決議を採択した。エジプトは、決議の文言が核軍縮の必要性を強調していないとして、棄権した。

Nuclear Disarmament Campaign Targets Norway's Bergen - Japanese

核軍縮キャンペーン、ノルウェーのベルゲンに焦点を当てる

 【ベルゲンIDN=ロワナ・ヴィール】

北大西洋条約機構(NATO)の創設メンバーであるノルウェーは、「核の傘」依存国としてこの軍事同盟の保護を受けながら、一方で、平和問題への関わりが深い国とみられている。それは、2013年3月にオスロで「核兵器の人道的影響に関する国際会議」を主催したためだけではない。

「ノルウェーは(また)、2008年にクラスター爆弾禁止条約の署名につながったオスロ・プロセスも主導しました。」と語るのは、創価学会インタナショナル(SGI)の寺崎広嗣平和運動総局長である。

DPRK Nuclear Test Calls For Dumping Cold War Responses - Chinese

破解朝核问题需要抛弃冷战思维

 【曼谷IDN=Kalinga Seneviratne】

东亚峰会于9月8日在老挝万象举行,但在与会国家就朝核问题签署了“不扩散”声明后不久,朝鲜便宣布成功进行第五次核试验。东北亚区域军事化的危险再次引起各界的关注。

就在东亚峰会各方达成一致,敦促朝鲜放弃核武器以及弹道导弹项目之后一天,朝鲜进行了第五次核试验。然而,这次峰会是包括美,中,俄,日等18个区域主体首次就朝核问题达成一致。

DPRK Nuclear Test Calls For Dumping Cold War Responses - Japanese

北朝鮮の核実験、冷戦時代式反応の放棄を求める

 【バンコクIDN=カリンガ・セネビラトネ】

ラオスの首都ビエンチャンで開かれた「東アジアサミット」で採択された不拡散に関する特別声明のインクも乾かぬうちに、北朝鮮が核実験の成功を発表した。こうして北朝鮮の核問題は、軍事化が一層強まっている域内の現実に対して関係諸国の関心を引き寄せる結果となった。

Kazakhstan Leads the Way to a Nuclear-Weapon Free World - Japanese

 非核世界への道をリードするカザフスタン

 【アスタナIDN=ラメシュ・ジャウラ、浅霧勝浩】

核軍縮の達成方法に関する国家間の見解の相違が大きくなる中、カザフスタンのような国が、共通の基盤と包摂的な対話に向けた道をリードしなくてはならない。そうしたリーダーシップこそが、私たちの世界を真に安全なものにしていくために緊急に求められている、と国連の潘基文事務総長が、「核兵器のない世界の構築」を目指す核軍縮国際会議に寄せた声明の中で各国に訴えた。

Wide Support for UN Talks on a Legal Ban-the-Bomb Tool - Japanese

核兵器の法的禁止協議に広範な支持

【ジュネーブIDN=ジュムシェッド・バルーア】

大量破壊兵器である核兵器を禁止する協議を2017年に開始する提案を多くの非核兵器国が押し通した。核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)はこれを「ドラマチックな最終日」と呼んでいる。

核軍縮に関する公開作業部会(OEWG)は8月19日、2月以来開催されてきた一連の会期の第3ラウンドを終了した。核兵器を禁止し、最終的にはその廃絶につながるような法的措置に関する交渉を開始することを10月に開かれる国連総会に勧告する報告書を賛成多数で採択した。

Search

Newsletter

Donate

We are a close partner of the Global Cooperation Council and request your support for continuing to raise international understanding with a view to prohibiting nuclear weapons.



Report & Newsletter

Toward a World Without Nuclear Weapons 2018

Newsletters April 2016-March 2018

Newsletter Archive 2009-2015

QR Code

QR-Code