Reporting the underreported threat of nuclear weapens and efforts by those striving for a nuclear free world.

A project of The Non-Profit International Press Syndicate Group with IDN as flagship agency in partnership with Soka Gakkai International in consultative
status 
with ECOSOC.

 

Articles

Watchdog Indicates Barriers to UN Ban Nuclear Weapons - Chinese

监察机构指出联合国禁止核武器的障碍。

作者:Jamshed Baruah

 

日内瓦(IDN) -- -- 禁止核武器监测组织(NWBM)说,世界上大多数国家可以成为《联合国禁止核武器条约》(TPNW)的缔约国,并在不改变其现有政策和做法的情况下遵守该条约但目前全世界有42个国家的行为与新的核武器禁令不相符。事实上,欧洲是违反联合国条约的国家最多的地区。

The Nuclear Weapon States Urged to Advance Disarmament

核軍縮で前進を求められる核兵器国

Photo: A test of a U.S. thermonuclear weapon (hydrogen bomb) at Enewetak atoll in the Marshall Islands, November 1, 1952. U.S. Air Force【アンマンIDN=バーナード・シェル】

(新型コロナウィルスの感染拡大のために2021年8月に延期されている)核不拡散条約(NPT)再検討会議は、核兵器国どうしや、核兵器国と非核兵器国との間の深い分断で特徴づけられたものになるであろうと見られている。非核兵器国は、NPTそのものと過去のNPT再検討会議で公約された核軍縮に前進が見られないことに深く失望している。

こうした状況を背景に出された16カ国の共同声明は「すべての核兵器国が、NPTの下における公約を履行するための意味のある措置を取ることにより、リーダーシップを発揮し、核のリスクを低減し、核軍縮を前進させるべきだ」と訴えた。これらの国々は、ヨルダンの首都アンマンで開催された「核軍縮とNPTに関するストックホルム・イニチアチブ」第3回閣僚会合に参加した国々である。

The Nuclear Weapon States Urged to Advance Disarmament - KOREAN

핵보유국의 군비 축소 진전 촉구

번하드 셸(Bernhard Schell)

AMMAN (IDN) – 다가오는 핵확산방지조약(Nuclear Non-Proliferation Treaty, NPT) 검토회의(코로나19 범유행으로 인해 2021년 8월로 연기)에서는 핵무기 보유국가(NWS) 간의 심층 분열 및 핵보유국과 비핵보유국(NNSW) 사이의 깊은 골을 유발하는 것으로 규정지어질 전망이어서 NPT의 규정과 과거 NPT 검토 회의에서 이루어진 핵무기 군축 공약에 대한 진전이 이루어지지 않을 것이라는 사실에 깊은 실망을 자아내고 있다.

Iran Joins China, Russia, EU, France, Germany and UK in Reaffirming Commitment to 'Nuclear Deal'

イランが中国・ロシア・EU・フランス・ドイツ・英国と共に核合意の有効性を再確認

Photo credit: Tasmin News Agency.【ブリュッセルIDN=ジャヤ・ラマチャンドラン】

イランの有名な核科学者モフセン・ファクリザデ氏が11月27日にテヘラン近郊の街頭で暗殺された事件に対するイランの反応についての憶測が広がる中、イラン核合意(JCPOA)の当事国は、合意を尊重するとの意向を改めて表明するとともに、それぞれの責任ある関与を維持し続ける必要性を強調した。

この意向表明は12月21日、E3/EU+2(中国・フランス・ドイツ・ロシア・英国・欧州連合外務・安全保障政策上級代表)とイランとの間で行われたオンライン形式の閣僚会合で確認された。会合の議長はジョセップ・ボレルEU外務・安全保障政策上級代表が務めた。

A New Handbook on Parliamentary Action for Disarmament

軍縮に向けた議会の行動に関する新たなハンドブック発行

Photo: The consultation event for the publication at the UN in February 2019. Credit: UN.【ジュネーブIDN=ジャムシェッド・バルーア】

国連のアントニオ・グテーレス事務総長が2018年5月に「私たち共通の未来を守る:軍縮へのアジェンダ」を発表してから約1年半、安全保障と持続可能な開発に向けた軍縮を促進する新たなハンドブックが出された。そのアプローチと焦点は主に「軍縮アジェンダ」を基礎としたものである。「私たち共通の未来を確実にする」と題されたこのハンドブックは、4つの国際的な議会組織と2つの国際的な政策団体が11月5日に発行したもので、軍縮の広範な問題に関する効果的な政策や議会の行動について、その背景と事例を示したものである。

そうした軍縮問題には、大量破壊兵器、通常兵器、小型武器、未来の兵器技術、宇宙やサイバー空間における軍縮問題などが含まれる。そのことは、軍縮問題が、持続可能な開発の問題や、新型コロナウィルス感染症のようなパンデミックの問題といかにつながっているかを示している。

Doubts Whether Space Is Being Used Only for Peaceful Purposes

宇宙は本当に平和目的にだけ使われているのか

Photo: Test of the LG-118A Peacekeeper missile, each one of which could carry 10 independently targeted nuclear warheads along trajectories outside of the Earth's atmosphere. Source: Wikimedia Commons.【ベルリン/ニューヨークIDN=ラメシュ・ジャウラ】

ソ連の宇宙船ソユーズ19号と米国の宇宙船アポロ18号が地球の周回軌道上でドッキングした1975年7月17日、米ソの飛行士が地球上のはるか高い上空で握手を交わした。

ソ連の指導層は「ソ連と米国の宇宙船の共同飛行」は、「宇宙空間の平和的な探査協力に関して多くの国に可能性を拡げた、ソ米間の科学技術協力の発展における大きな一歩」だとして、歓迎の意を示した。

Missile Defence Plans Threaten to Trigger Arms Race

軍拡競争を引き起こしかねないミサイル防衛

Photo: The U.S. Navy Arleigh Burke-class guided-missile destroyer USS Donald Cook (DDG 75) fires a Standard Missile-3 during exercise Formidable Shield 2017 over the Atlantic Ocean, Oct. 15, 2017. Credit: U.S. Navy.【トロント/ワシントンIDN=J・C・スレシュ】

トランプ大統領が遺したものを見ると、暗い気持ちになってくる。ジョー・バイデン次期大統領と政権移行チームは数多くの重要な決定に直面している。軍事政策の専門家らは、新政権が直面している重要な決定の一つは「長距離弾道ミサイルを撃墜可能な新型の海上発射ミサイルでミサイル防衛体制の強化を図るトランプ時代の計画を前進させるべきかどうかと、どのように進めるのか」という点にあるとみている。しかしこの計画は間違いなく、軍備管理の進展を妨げることになるだろう。

核保有国を念頭に置いた戦略的ミサイル防衛には効果がないどころか、そのミサイル防衛を乗りこえ、掻い潜るためのより強力なミサイルシステムの開発を招きかねないと核戦略家たちは考えてきた、と ワシントンのアドボカシー団体「軍備管理協会」のダリル・キンボール会長は語る。

Doubts Whether Space Is Being Used Only for Peaceful Purposes - CHINESE

太空是否只用于和平目的尚存疑问

作者:Ramesh Jaura

 

柏林|纽约(IDN)——1975年7月17日,苏联的联盟-19号飞船和美国的阿波罗飞船在太空实现了交会对接,苏美两国宇航员在此进行了握手。

苏联领导层在贺电中表示“苏美飞船联合飞行”是“苏美科技合作发展的重要一步”,开辟了“各国携手努力和平探索外层空间的新前景”。

Doubts Whether Space Is Being Used Only for Peaceful Purposes

By Ramesh Jaura

BERLIN | NEW YORK (IDN) – A Soviet cosmonaut and an American astronaut shook hands high above the planet Earth, on July 17, 1975, where the Soviet spaceship Soyuz-19 and the U.S. spacecraft Apollo had met and docked.

In a message of greeting, the Soviet leadership described the "joint flight of the Soviet and US spaceships" as "a major step in the development of Soviet-American scientific and technological cooperation" opening up "new prospects for various countries to work together in the peaceful exploration of outer space". [2020-12- 06 | 21] CHINESE | JAPANESE TEXT VERSION PDF | RUSSIAN

Faith-based & Other NGOs Look Forward to Entry into Force of the Nuclear Ban Treaty

FBOなどNGO諸団体が、核兵器禁止条約の発効を待ち望む

Photo: Albin Hillert / WCC, 2017【ベルリンIDN=ラメシュ・ジャウラ】

核兵器禁止(核禁)条約の批准国が50カ国目に達したという知らせを受けたとき、サーロー節子さんは、「椅子から立ち上がることができず、両手に顔を埋めて喜びの涙にくれました。…私の心の中に生きている、広島長崎で命を失った多くの魂に思いを馳せました。愛する魂に『やっとここまでこぎ着けましたよ』と語りかけました。かけがえのない命で究極の犠牲を払わされた彼らに、最初にこの素晴らしいニュースを報告しました。」と語った。

広島原爆の被爆者であるサーロー節子さんは核兵器の廃絶を訴えて長年にわたって活動してきた。2017年のノーベル平和賞受賞団体である「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のウェブサイトに掲載された声明の中でサーローさんは、「私はこのことに達成感と満足感、そして感謝の思いでいっぱいです。この気持ちは、広島・長崎で原爆を生き延びた人々や南太平洋の島々やカザフスタン、オーストラリア、アルジェリアで行われた核実験で被爆した人々、さらにカナダ、米国、コンゴのウラン鉱山で被爆した人々も同じような気持ちでいると思います。」と語った。